GLAのならし運転

20150821_114041000_iOS.jpg

ベンツも、当然ですがならし運転が必要です。
それも、かなり重要なことらしいです。

ベンツのセンサーシステムは、一定距離を走行する間に自動的に調整されるそうです。すごいですね~

ブレーキも本当の効きが出てくるのは数百キロ走ってから。

もちろんエンジンも、慣らし運転が大切です。
エンジンは、最初の 1,500 kmが特に重要。

この時期にエンジンを回しすぎるとエンジンの寿命が短くなります。
最初の 1,500 km は、フルスロットル走行はダメですよ。
まあ、これは当然ですね。

では、慣らし運転のコツをまとめます!

・エンジン回転数がタコメーターのレッドゾーン(許容限度)の2/3を超えないように運転。
・ブレーキを効かせるために、手動でギアをシフトダウンしない。
・踏み応えがあるところを越えるまでアクセルペダルを踏む(キックダウン)ことは避ける。
・1,500 km 後は、車両を徐々に最大負荷およびエンジン回転数にすることができます。

これにAMG車は次の2つが加味されます。
・最初の 1,500 km は、140 km/h 以上の速度で走行しない。
・短時間のみ、エンジンを最高エンジン回転数 4,500 rpm にする。

GLAの慣らし運転は、
基本的に1500kmまではおとなしく運転し、それ以後は、徐々に最大負荷までエンジンを回すことができる。

これにつきますね!(^^)

ということで、9月はディーラーの決算月!
そりゃ!営業マンは血眼です。新車買うなら間違いなく決算月ですよ!

実際にディーラーに行く前には、愛車の下取り見積もりをしておいて下さいね。
ディーラーとの交渉が有利になりますよ~
  ↓↓↓↓
45秒で買い取り価格がわかるサイト



ポチっとしてくれたらうれしいです!励みになります。(^^)
  ↓
にほんブログ村 車ブログ メルセデス・ベンツへ
にほんブログ村

にほんブログ村 車ブログ メルセデス・ベンツへ
にほんブログ村
最後まで読んでくれてありがとうございます!(^^)

この記事へのコメント