レーダーパッケージの欠点

今や事故防止や快適な運転に欠かすことのできない装備のひとつにレーダーパッケージがあります。
高速道路などでは絶対の安心感です。
メルセデス・ベンツのレーダーパッケージはほんとうに便利ですね。

そんなレーダーパッケージですが、北国のユーザーには大きな欠点があります。
IMG_4952.JPEG

吹雪の中での運転ではレーダーのセンサーに氷が付着することがあります。
そうなると、レーダーは誤動作を起こしてブザーが鳴り響きます。^^;
写真のような状況ではレーダーを止めるしかありません。

その場合は、Pのボタンを押してレーダーをキャンセルしましょう。
これで、ブザーは止まります。
IMG_4948.JPG
これで、たしかにブザーは止まるのですが、肝心のレーダー機能もキャンセルされてしまいます。

これはどうも良くない。(-.-)
吹雪の中の運転こそ、このレーダーが必要なのに。

とくに、前の車との一定の車間距離を確保してくれる、ディストロニックプラスは視界が効かないホワイトアウトの状況こそ頼りたい機能なんですが。。。。

これは、なんとか改善してほしいですね。

レーダーセンサーに熱を流して氷の付着を防ぐとか…
低温の吹雪の中でも安定して動作するレーダーの開発、最善か無かのベンツなら軽くできますよね。^^;


にほんブログ村 車ブログ メルセデス・ベンツへ
にほんブログ村
最後まで読んでくれてありがとうございます!(^^)

この記事へのコメント