メルセデスベンツ ドライビングアカデミー

メルセデスベンツ ドライビングアカデミーが開催されましたね。
http://s.response.jp/article/2016/06/16/277027.html

記事をまとめます。

ドライビングポジション
ハンドルの両サイドを持って肘が90度曲がっていないと、的確な操作ができない。
ペダルを踏みきっても膝に余裕がないと、フルブレーキングはできない。


コーナリング、アンダーステア、オーバーステアの説明

アンダーステアとは、コーナーの侵入速度がタイヤのグリップ力を上回り、タイヤの角度(ステアリングの切り角)よりも直線的にスリップすること。
ハンドルの角度よりも曲がってくれない。

一般走行の場合、アクセルを戻し速度を落とせばグリップが回復し曲がってくれる。


オーバーステアとは、コーナリング中に、リアタイヤのバランスがくずれタイヤの角度より大きく車の向きが変わること。
最悪スピン状態になる。
これは、ハンドルを戻しながら(カウンターステア)アクセルを戻すなどしてリアのグリップを回復させれば立て直すことができる。


アドバイス
スラロームもコーナリングも視点はなるべくコースの先をみて
コーナーでは定常円を描くようなイメージでスムースに


フルブレーキの練習
最近のABSの制御は進化しており、制動距離の差はほとんどない。
迷わずABSを使うべき。
いざというときにフルブレーキングがかけられること。
ペダルを通じて足にフィードバックされるABSの感覚を知っておくこと。

と、まあこんな感じだったようです。
うらやましい(^ ^)
いつか参加したいですね。

にほんブログ村 車ブログ メルセデス・ベンツへ
にほんブログ村
最後まで読んでくれてありがとうございます!(^^)

この記事へのコメント