ベンツの価格 本当はどれくらい?


この雑誌知ってます?

「ベストカー」

クルマの最新情報が満載で、私が車関係で定期購読している唯一の雑誌なんです。手頃な価格だし・・・ ^^;
そんなベストカー2月号からのシェアです。

「買い取り&下取り残価率徹底バトル」

まあ、詳しくは本屋さんで立ち読みでもしてもらうとして、(いや、安いのでぜひ購入してね♪)

この記事で言いたいことは、
「新車価格なんてメーカーが勝手に決めているもの。クルマの本当の価値は売る時の価格残存率に表れる」

新車の価格はメーカーの利益率や競合車との関係などで決まるもので、そこには、真の価値は無い。
数年たって、売るときの価格が、そのクルマの真の「価値」。というのがこの記事の主張。

というわけで、国内外のクルマの3年落ち(3年経過していないクルマは2年落ち)の価格残存率を丁寧に調べあげてくれてます。
(情報は2017年1月現在のものです。)

いやー、この記事面白かったです。
様々な視点でクルマの残価率を比較しています。

国産コンパクトカー、ヴィッツ、マーチ、フィット、デミオ、この4台で残価率が一番良かったのは何だと思います?

それは、、、、ひっぱります。^^;
 ↓
 ↓
 ↓
 ↓
 ↓
 ↓
 ↓
ダントツでデミオだったりします。
(ヴィッツ49.9%、マーチ38.1%、フィット52.5%、デミオ57.2%)

トヨタ車よりマツダ車の方が残価率が良いなんて時代が変わりましたね~
僕が若い頃は、「マツダ乗りますか?それともクルマ乗るのやめますか」(マツダファンの方ごめんなさい!)なんて周りで冗談がでるほどだったのですから、変われば変わるものです。

さて、肝心のベンツですが、ベンツは中古になると一気に値段が下がる印象がありましたが、これがなかなか健闘しています。

IMG_0099.PNG
ベンツの中ではGLCクラスがトップで人気国産車並の60%超え。
この後、SL、GLEと続きます。
国産車もそうでしたが、最近のSUV人気が伺えます。


記事では日独プレミアムブランドを比較してますが、ベンツから見ると「BMW」は悲惨ですね~
軒並み40%台となってます。
IMG_0100.PNG

国産のLEXUSも60%台を超えているのはSUVのLX570。2位、3位もSUVのNX200とRX200。
IMG_0098.PNG

まとめますと、残価率のみでクルマの購入を考えますと、

・新車ならSUV車~理由は価格があまり下がらないから。
・安くプレミアムカーを手に入れるなら中古車のBMW。


いずれにしてもSUV市場人気は、まだまだ続きそうですね~

ところで、我が家の愛車のGLA、とCクラスは。。。
まあ、頑張っている方だと思います。^^;

にほんブログ村 車ブログ メルセデス・ベンツへ
にほんブログ村
最後まで読んでくれてありがとうございます!(^^)

この記事へのコメント