日産セレナ試乗車事故 自動ブレーキのこととか、ベンツは大丈夫か?とか

ニュースになったセレナの事故ですが、この動画を見たら、日産の担当者は大きな勘違いしてたとしか思えないのですが。。。。

↓自動ブレーキを比較した動画です。
http://news830.com/archives/18497
さて、国産車はなんとなくわかりましたが、ベンツはどうなのでしょう?

ベンツの自動ブレーキ関連の機能まとめました。



まずはCPA(ベンツの衝突警告システム)

2014年車のGLA場合は7km/hから30km/hまでなら静止物にも反応することになってます。

これ、逆に言うと30km/h以上では確実に止まることができない可能性がある。

E7435EA0-7BD3-4328-9FE9-A9F911C7058B.png
6BC2EAAE-6281-4080-9A24-14E519F88838.png


現在のCクラスの場合は大幅に性能が向上しています。停止スピードが7km/hから50km/hに伸びています。
A517C842-D664-4C89-AF59-6F642D2D5838.jpg

ベンツは自動ブレーキの開発で一歩先を行っているのは間違いなく、自動ブレーキの開発は、データの蓄積が重要でメーカーとしての経験値が自動ブレーキの性能を決めると言われているのです。



そのベンツでさえ、ウェブサイト取り扱い説明書でこのように情報を開示し、注意喚起しています。

ベンツの販売員は「自動ブレーキで止まります」とは一言も言いません。
あくまで運転者をサポートする機能であると説明してくれます。


ディストロニックプラス
日頃運転していて重宝するのが車間距離を一定に保つディストロニックプラス機能。
これもいろいろと警告があります。
どれも、「止まります」なんて一言も書いてない。

3354A0F4-460F-4748-A6E8-62EEABD51CB5.png

これを見ても明らかなように、自動ブレーキの歴史の浅い国産車が「止まります」と宣言するはずもなく、今回の事故は販売員の「勇み足」が原因でしょうね。

くれぐれも自動ブレーキを過信することなく、上手に使っていきたいですね。




にほんブログ村 車ブログ メルセデス・ベンツへ
にほんブログ村
最後まで読んでくれてありがとうございます!(^^)

この記事へのコメント