Apple「CarPlay」 VS Google「Android Auto」どちらに軍配?

 

メルセデス・ベンツの「COMANDシステム」は、あまり評判が良くないです。
特に国産車から乗り換えた人には、使い方に戸惑う人も多いかと思います。

とくにナビは使いづらいです。目的地まで設定するのにあまりに国産のナビと操作性が違うのには困ります。ある程度統一されたインターフェイスが必要だと思うのですがいかがでしょうか。

 

さて、ベンツのナビが使いづらい話しは置いといて、最近搭載されたスマホとの連携機能について、調べてみました。

 

 

カーナビとスマートフォンは、地図や音楽プレーヤーといった機能が被っています。とはいえ、常にネットから最新版の地図をダウンロードしたり、音楽の記録も大容量のメモリーが必要ということを考えると、スマートフォンのほうが優れています。


そこで、もとからあるナビゲーションはディスプレイに徹して、機能はスマートフォンにまかせてしまおう、というのが、 Apple「CarPlay」やGoogle「Android Auto」の基本的な考え方です。

 

これまで、BluetoothやUSBケーブル経由で、スマートフォンに保存された音楽を聴いたり、電話をしたりなどは、従来のナビゲーションでも可能でしたが、利用できる機能に制限があったり、対応アプリが少ないといった課題がありました。そこに目をつけてたメジャーメーカーが、AppleとGoogleの2社というわけです。

 

メルセデス・ベンツはAppleの「CarPlay」「Android Auto」の両方を採用していますが、国産車ではGoogle「Android Auto」を導入するメーカーが増えています。
現時点でのGoogle「Android Auto」採用は、世界中で約400モデル。ナビとしての機能を持たせているメーカーは、スバル、スズキ、日産、ホンダ、三菱、また大手サプライヤーとしてはKENWOOD、パナソニック、パイオニア、SONY、アルパインなど。

なぜか、トヨタが入っていません。

 

「CarPlay」「Android Auto」は、iPhoneやAndroidスマートフォンを直接操作せずに、走行中に必要な情報の提供やメディア再生をサポートしてくれます。

 

TVやインターネットで目的地を決めてドライブすることが多いですよね?目的地が決まれば、Apple CarPlayではiPhoneの「Apple Map」で、Android AutoではAndroidスマートフォンの「Google Map」を使って目的地検索やルート案内が可能です。

また、走行中に目的地を設定するには、SiriやAndroidの音声認識で設定できます。

 

 

 

 

使い方はスマホと一緒ですし、これからは、全てのナビがこの方向に向かうような気がします。

いつも最新の地図が表示されるなど、便利になる半面、個人情報はgoogleやAppleにどんどん拾われていくでしょうね。

 

今どこに向かっているか?⇒最適のお店の広告を提示⇒紹介されたお店で買い物や食事する・・・・

↑↑ これがgoogleのビジネスモデルでもあるので、多少は仕方ないような気もしますができれば最小限にしてもらいたいものです。

 

さて、Appleとgoogleではどちらが優れているか?

現時点ではどちらもほとんど変わらないと思います。ただ、残念なのが、Apple CarPlayでは、iphoneにインストールしているgooglemapは使えません。iphoneでgooglemapをメインで使っている人には不便を感じると思います。この点はぜひ改善してほしいです。

Appleか?googleか?といったスマホのシェア争いが車のナビまで影響する時代になりました。

私はApple派ですが、最近Androidも使ってみたいと思うようになってます。^^;

あなたはどっち派?



↓↓↓オークション方式の新しい車査定↓↓↓


[PR]車検が近い方は調べておきましょう! 



にほんブログ村 車ブログ メルセデス・ベンツへ
にほんブログ村
最後まで読んでくれてありがとうございます!(^^)

この記事へのコメント