メルセデスベンツ ドライビングアカデミー

メルセデスベンツ ドライビングアカデミーが開催されましたね。
http://s.response.jp/article/2016/06/16/277027.html

記事をまとめます。

ドライビングポジション
ハンドルの両サイドを持って肘が90度曲がっていないと、的確な操作ができない。
ペダルを踏みきっても膝に余裕がないと、フルブレーキングはできない。


コーナリング、アンダーステア、オーバーステアの説明

アンダーステアとは、コーナーの侵入速度がタイヤのグリップ力を上回り、タイヤの角度(ステアリングの切り角)よりも直線的にスリップすること。
ハンドルの角度よりも曲がってくれない。

一般走行の場合、アクセルを戻し速度を落とせばグリップが回復し曲がってくれる。


オーバーステアとは、コーナリング中に、リアタイヤのバランスがくずれタイヤの角度より大きく車の向きが変わること。
最悪スピン状態になる。
これは、ハンドルを戻しながら(カウンターステア)アクセルを戻すなどしてリアのグリップを回復させれば立て直すことができる。


アドバイス
スラロームもコーナリングも視点はなるべくコースの先をみて
コーナーでは定常円を描くようなイメージでスムースに


フルブレーキの練習
最近のABSの制御は進化しており、制動距離の差はほとんどない。
迷わずABSを使うべき。
いざというときにフルブレーキングがかけられること。
ペダルを通じて足にフィードバックされるABSの感覚を知っておくこと。

と、まあこんな感じだったようです。
うらやましい(^ ^)
いつか参加したいですね。

にほんブログ村 車ブログ メルセデス・ベンツへ
にほんブログ村
最後まで読んでくれてありがとうございます!(^^)

右か左か?それが問題だ!

20150717_004334000_iOS.jpg
外車の試乗で一番戸惑うのがウインカーの操作。
国産車は右で外車のほとんどが左になってます。
わかっていても、必ず一度は間違えますね。

ベンツの場合は、右側がコラムシフトになっているので、ちょっと笑えません。
ウインカーと間違えて動かしてニュートラルに入ってしまい、「アクセル踏んでも動かない!」ってことを体験した人はたぶん私だけでは無いはず。
だって、時々交差点でウインカーをあげないで曲がるベンツ見かけますから!^^;
スポンサードリンク




あと、ベンツの場合は左側のウインカーの下にあるのがクルーズコントロールレバー。

速度の記憶、維持、呼び出しができたり、0km/h~200km/hまで先行車を追従する機能(ディストロニック・プラス)などは、このレバーを操作します。

ときどき、このレバーとウインカーを間違ってしまったりします。ちょっと大変です。
20150717_004307000_iOS.jpg
(下側がクルーズコントロールレバー)

このクルーズコントロールレバーを操作すると速度の上限が設定されてしまいます。
間違って速度の上限を設定してしまうとどうなるか?

ディーラーの方が言っていたのですが、中高年の男性はひとの話しを聞かないそうです。←自分がそうなのでわかります。^^;

納車されに来たあるおじさんに、このクルーズコントロールレバーのことを説明しようとしたら、「分かった、分かった、後で説明書みるから大丈夫だ~」といって、そのまま乗って行ったそうです。

すると、しばらくして、そのおじさんからディーラーに電話が、、、

「なんか変だ!いくらアクセルを踏んでもスピードが30km/h以上出ない!どうなってるんだ!」
と、たいそうご立腹だったらしいです。

ピンときたディーラーの方が、このレバーのことを説明してスピードコントロールを解除できたそうです。

30km/hしかスピードがでないベンツって笑える。^^;
でもひとごとではありません。人の話しは聞くようにしましょう!

さて、この右と左の間違いの件、いろいろな解決策をひとによっては編み出してます。

「右手をハンドルから絶対離さない!」とか、逆に「左手だけで運転する」など、人によって様々です。
国産車と外車の2台所有されている方は、乗り始めには注意が必要ですね。

ポチっとしてくれたらうれしいです!励みになります。(^^)
  ↓
にほんブログ村 車ブログへ
にほんブログ村


にほんブログ村 車ブログ メルセデス・ベンツへ
にほんブログ村
最後まで読んでくれてありがとうございます!(^^)

あなたはベンツのライトで夢をみるか?

20150627_141523000_iOS.jpg
ベンツのライトシステムはカッコいいですよね!(^^)
ドアロックを解除すると一斉に車周辺のライトが点灯します。

image-a101e.jpg
さて、GLA250のヘッドライトは実はLEDではありません。
いまどきの車はほとんどLEDでしょ!と思っていましたので、ベンツなのにコストカットが露骨だな~
AベースのGLAはベンツの中では安価だし仕方ないか~なんて思っていました。

ところが、ベンツGLAのインテリジェントライトシステムはすごい!
スイッチをAUTOに合わせておくだけで、実際の走行や天候状況に合わせてヘッドライトを自動的に調整するシステムです。
車両速度や天候状況などに応じて路面の照射を向上させてくれます。

システムには、アクティブライトシステムやコーナリングライト、ハイウェイモード、フォグランプ強化機能などがあります。
システムは周囲が暗いときのみ作動します。

アクティブライトシステムは、前輪の操舵角に応じてヘッドライトが動きます!
走行中はステアリングを操作した方向が常に照射されます。

アクティブライトシステム.PNG

コーナリングライトは、コーナリング時に進行方向の路面を広く照射し、夜間の交差点などで運転者の視界を向上させます。
コーナリングライトは、ヘッドライトがロービームで点灯しているときにのみ作動します。

コーナリングライト.PNG
これは街中で威力を発揮します!
夜の交差点での自転車や歩行者は見づらくてホント恐怖ですよ~

この他にもハイビームとロービームを勝手に切り替えるアダプティブハイビームアシスト。
高速走行でヘッドライトの照射範囲が拡大されるハイウェイモードなど

ハイウエイモード.PNG

スゴイわ!ベンツのライト!
もちろん、ライトを付けっ放しでも、ドアを開けたら黙って消えてくれます。
我が家の軽自動車はライトを付けっ放しだと奥様みたいにビー!ビー!うるさいです。^^;

やさしいわハート(トランプ)ベンツハート(トランプ) 奥様も若い時は優しかったなぁ~(遠い目)

ベンツのライトでいい夢を見させてもらいました。^^;

ポチっとしてくれたらうれしいです!励みになります。(^^)
  ↓
にほんブログ村 車ブログへ
にほんブログ村






にほんブログ村 車ブログ メルセデス・ベンツへ
にほんブログ村
最後まで読んでくれてありがとうございます!(^^)