ベンツGLA250の真価を発揮するときが来た!

IMG_4539.JPG
北国に雪の季節がやって来ました~
圧雪にアイスバーン、ワダチに氷の固まり・・・
北国の冬は車には悪条件が重なる過酷なシーズンです。
IMG_4547.JPG

この冬初の冬道ドライブです。
圧雪が溶けて氷になりアイスバーンとなっています。かなり過酷な条件でした。
IMG_4541.JPG
道路には、路肩に転落して、ひっくり返った車も見ました!(゜o゜;

なぜ、ベンツGLAを選んだか?
こんな状況が待ち受けているから、2駆だと安心できないんです。
どうしても4WD車が優先されてしまいます。
IMG_4548.JPG
と、いうわけで、この季節を乗り切るため、ベンツgla250 4maticを選んだのでした。

で、運転した感想は…
かなり(・∀・)イイ!!
めっちゃイイ!(≧∇≦)b

出足は全く滑らず、まるで夏道を運転しているようにスムーズに出ていきます。

アイスバーンで急発進を試してみましたが、横滑りも起こりません。
恐ろしくスムーズな4WDシステムです!
あまりにスムーズで、アイスバーンであることを忘れてしまいそうです。

まずい!まずい!安全運転でいきましょう!

冬道は制動力は確実に下がりますので、スタートは楽でもストップは4WD、2WDの違いはほぼありません。(というか4WDのため重量が重い場合は2WDよりも止まりづらい場合がありますので注意です)
慎重な運転が必要です!

冬こそベンツgla250 4maticの真価が発揮される季節ですよ!
IMG_4549.JPG
ポチっとしてくれたらうれしいです!励みになります。(^^)
  ↓
にほんブログ村 車ブログ メルセデス・ベンツへ
にほんブログ村



にほんブログ村 車ブログ メルセデス・ベンツへ
にほんブログ村
最後まで読んでくれてありがとうございます!(^^)

ベンツGLA250のタイヤは国産?

20150620_060433000_iOS2.jpg

20150720_210002000_iOS.jpg
そうなんです~実はヨコハマタイヤが装着されています。^^;
てっきりベンツなので、海外のタイヤメーカーだと思っていましたらヨコハマタイヤでした。
20150720_210015000_iOS.jpg
でもしっかりと、メルセデス・ベンツ承認タイヤとなっています。

昨年夏のプレス発表の記事では、


「GLAクラス」に新車装着

横浜ゴム(株)の海外市場向けタイヤ「C.drive2(シードライブ・ツー)」をベースに独・ダイムラー社と共同開発したタイヤが、ダイムラー社の「メルセデス・ベンツGLAクラス」に新車装着された。
装着タイヤは標準仕様とランフラットテクノロジー採用仕様の 2 種類で、サイズはともに235/50R18 97V。
装着タイヤにはダイムラー社の承認を示すマークとして標準仕様には「MO」マーク、ランフラットテクノロジー採用仕様には「MOE」マークが打刻されている。
両タイヤとも優れたウェットグリップ性能に加え、欧州市場で求められる安全性能を満たすため、ドライおよびウェットコンディションでの操縦安定性を向上。さらに低燃費性能も高めている。


それで、自分が乗っているGLA250はベンツ用に共同開発したヨコハマタイヤだったんですね。
ランフラットタイヤなので、しっかりと「MOE」のマークが入ってました。
20150720_210051000_iOS.jpg
ランフラットタイヤは、パンクしても、所定のスピードで一定距離を走れるタイヤなので、GLA250にはスペアタイヤは入っていません。(スペアタイヤの収納スペースはあります)
代わりに緊急用のパンク修理セットが入っています。

肝心の性能ですが、正直タイヤの性能を語れるほど、車を知り尽くしてはいませんが、良いタイヤだと思います。
道路に吸い付くような走りは、もちろん四輪駆動の性能もあるとは思いますが、このタイヤの性能も大きく関係しているのだと思います。


ベンツE320CDI アバンギャルド が入札入ってますね。この車、8万キロ走ってます。
あと2日となっていますがいくらまで上がるのかな~楽しみ~♪

このアバンギャルド100万円いかなかったみたいですね~
この値段なら修理費を見込んでも安い買い物かも。
オークションも侮れませんね~♪

【これからの必需品!前後2カメラのドラレコ】

にほんブログ村 車ブログ メルセデス・ベンツへ
にほんブログ村
最後まで読んでくれてありがとうございます!(^^)

ベンツのワイパー

16+-+1.jpg
雨の日のワイパーは自動に動くの知ってました?
雨が降ってきたらいきなりワイパーが動き出しました。

レインセンサーがはたらいたみたいです。

レインセンサーっていうのは、雨滴量に応じてワイパーの作動が自動的に調整される機能。
フロントとリアも自動の機能がついてます。(゜o゜;

使い方は左側のスイッチを操作します。
ワイパー2.PNG
【コンビネーションスイッチの使い方の図】
1 ワイパーの停止
2 間欠拭き取り、低速(レインセンサーは低感度に設定)
3 間欠拭き取り、高速(レインセンサーは高感度に設定)
4 連続拭き取り、低速
5 連続拭き取り、高速
6 1 回の拭き取り/ ウォッシャー液を使用してのフロントウインドウの拭き取り

フロント側はこのスイッチで調整できるようですが、機能がありすぎて、あまり使いやすいスイッチではありません。
使い方は今でもよくわかりません。たぶん、2か3になっているのだと思います。
いきなり動くのでホントびっくりしました。^^;
操作間違ったかと思いましたよ。

ヘッドライトの清掃も自動になるみたいです。
これは、まだ見たことがありません。というか、当然ですが、運転中は見ることができません。

清掃のタイミングは、ヘッドライトが点灯していてエンジンがかかっている間は、"フロントウインドウウォッシャー"機能を約5 回操作すると、ヘッドライトが自動的に清掃されます。

一度、ヘッドライトの清掃を見てみたいですね。^^;

ポチっとしてくれたらうれしいです!励みになります。(^^)
  ↓
にほんブログ村 車ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 車ブログ メルセデス・ベンツへ
にほんブログ村
最後まで読んでくれてありがとうございます!(^^)