ボンネットが開かない!

先日GLAのボンネットを開けるまでに一悶着ありました。

運転席にいる奥様に「ちょっとボンネット開けて!」と聞いてみたら、

「どこ? スイッチどこにあるのっ!」

「右下に無いか?」

「無い!」

「いや、あるだろ!」

「無いよ!ヽ(`Д´)ノプンプン」

と言われたので、運転席を見てみると、「あれっ?」ボンネットを開けるレバーが見当たらない。(-_-)
探してみたら国産車とは違う位置についていたので紹介しますね。

国産車なら運転席の右下にあるのが普通だと思いますが、ベンツGLAの場合は、ボンネットを開けるレバーはハンドルの真下にあります。
レバーの色は赤色をしているのでわかります。
20150909_232138000_iOS.jpg

写真の黄色の円がそうです。
このレバーを引くとボンネットが開きます。
なかなか手の届きにくい場所にあるんですね~

あと、GLAのボンネットで残念なのが、ボンネットを開いてみるとダンパー式ではないのです。

今時の高級車はダンパー式が多いのですが、GLAは開いてからボンネットを支える支柱を立てます。
国産車なら普通ですが、高級車ではむしろ珍しい。^^;
見えないところでコストカットしてるんですね~

耳寄り情報です。10月はCLAシューティングブレイクあたりの未使用車(登録車)がでそうですね。
かなり安くなると思います。

まずは、こちらのサイトで事前に価格を調べてからディーラーにいきましょう!
備考に「ベンツCLAの未使用車を探しています。」と記入されるとカンタンに見つかりますよ。
↓↓↓↓↓↓
非公開車両を探してくれるサイト

にほんブログ村 車ブログ メルセデス・ベンツへ
にほんブログ村
最後まで読んでくれてありがとうございます!(^^)

ベンツGLAの給油口 右側?左側?

20140522_equipment_05.jpg

最近のガソリンスタンドは、ほとんどがセルフ式になってますね。
自分で給油するのは全然OKですが、時々給油口が車体の右側か左側かわからなくなることがあるのは、私だけでしょうか。^^;

スタンドに駐車してから、あれ?給油口が反対だった!ってことで、クルマを入れなおすことありました。痴呆症予備軍の50歳代、物忘れが激しいです。^^;

というわけで、給油口が右か左かわかる方法です。
と、いってもほとんどの方がご存知だと思いが一応、初心者の方もいるということで書いておきます。

写真の赤い○を御覧ください。フロントパネルにある給油メーターです。
このスタンドのマークに矢印が付いてるの分かります?
そう、この矢印がある方に給油口がついてます。

ベンツGLAの場合は、左側ですね。
これは、国産・外車問わず、世界共通ですので、これだけ覚えておけば、レンタカーなどに乗った場合も迷わずスタンドに入れます。
覚えておいて損はないですよ~

ちなみに、ベンツCクラスは右側です。なぜでしょう?


それは、エンジンの置き方によって変わるそうです。

FF(前輪駆動)のベンツGLAのエンジンは横置き。その場合は給油口は左側になります。

FR(後輪駆動)のベンツCクラスのエンジンは縦置き。その場合の給油口は右側になります。

この仕組は、他の車にも当てはまりますので覚えておいて損はありませんよ。



ちょっとまって!
ひとつ疑問が。。。GLAは四駆だよね?
いえ、GLAは確かに四駆ですが通常はFF駆動なんです。←エンジン横置きです!だから給油口は左。

ちなみに同じ四駆のベンツGLCはベースとなるのがエンジン縦置きのFR車なので、同じ四駆でもGLCの場合はやはり給油口は右側になります。

あなたならGLAとGLCどちらが良いですか?
確かにGLCがオフロード車らしくてカッコいいですが、普段使いに乗るならGLAも良いですよ。


ということで、やっぱりGLAもいいな~と思った方は、実際にディーラーに行く前に、ネットで愛車の値段を調べて置いて下さいね。絶対!絶対!そのほうがお得です!

営業マンのたくみな話術でついハンコを押してしまうなんてこともありえますから。^^;
とくにプレッシャーに弱い方は気をつけて下さいね。自分の愛車の下取り価格を知っておくと、心に余裕が生まれますので、交渉は対等にできますよ!

ちなみに、複数の買取店に一括見積りで、一番高く買い取ってくれるお店を探したい方は以下のサイトもおすすめですよ^^
本気で高く売りたい方は、お試しあれ^^
スクリーンショット 2015-05-24 21.22.25.png

かんたん車査定ガイド


ポチっとしてくれたらうれしいです!励みになります。(^^)
  ↓
にほんブログ村 車ブログ メルセデス・ベンツへ
にほんブログ村

にほんブログ村 車ブログ メルセデス・ベンツへ
にほんブログ村
最後まで読んでくれてありがとうございます!(^^)

ベンツは坂道発進がラックラク~

20150903_125217000_iOS.jpg
坂道発進ってイヤですよね~
室内駐車場の出入口とか急な坂で待たされたら最悪でした。

しかし!

ベンツになってそんな悩みも無くなりました!ヽ(=´▽`=)ノ

ベンツにはヒルスタートアシストっていう機能があるんです。
坂道発進をサポートしてくれます!

ヒルスタートアシストは、坂道発進時に車が後退または前進するのを防ぎ、運転者の発進操作を補助します。ブレーキペダルから足を放した後に、短時間車両を停止したままにします。
これにより、車が動き出す前に、ブレーキペダルからアクセルペダルへ余裕を持って踏みかえることができます。


要するにブレーキペダルから足を放しても後退も前進もしないってこと。
便利ですね~
車両は約1 秒間停止します。普通にブレーキを離して発進してください。

もう一つ、坂道発進の楽な方法があります。
それは、HOLD機能を使うことです。
慣れるとこちらの方が個人的には楽です。
↓↓↓↓↓
過去記事HOLD!なかなか難しい

注意点としては、アクセルだけで、上り坂勾配で車両を停車したままにするとクラッチが壊れます。
クラッチが過熱すると、警告音とともに自動システムは自動的に解除され車両が上り坂で後退する可能性があります。
決して、アクセルを踏むことにより、上り坂勾配で車両を停車させないでくださいね。

ポチっとしてくれたらうれしいです!励みになります。(^^)
  ↓
にほんブログ村 車ブログ メルセデス・ベンツへ
にほんブログ村

にほんブログ村 車ブログ メルセデス・ベンツへ
にほんブログ村
最後まで読んでくれてありがとうございます!(^^)