ベンツglcクーペ 発売開始ですね

IMG_7404.JPG
ベンツGLCクーペ 発売開始です!
ベンツ春の大商談会が全国的に開催されますよ!

もちろん、ベンツGLCクーペも店頭に並びます。
案内来てました!試乗できると嬉しいな。♪

さて、気になるベンツGLCクーペの価格は、、、、
IMG_7405.JPG
GLC200クーペで627万円
ベンツGLCの場合、オプションがほとんど必要無いので、乗り出しの価格はそんなにあがらないと思います。

毎年この時期の商談会では決算期が近いということもあり大きな値引きが期待できます。

ここでちょっと耳寄りな情報を。
ベンツの場合、セールスの基本の値引き率は2%です。
と言うことはベンツGLCクーペの場合は125,400円は最低値引きが可能と言うことです。
ここまでは各セールスの裁量で値引きが可能です。
ここからが腕の見せ所でしょうね。
下取り価格やオプション品などを駆使して、価格の交渉が始まりますが、情報はあればあるほど有利です。

最低限、今乗っている車の下取り価格は調べておきましょうね〜

↓↓参考になりますよ!↓↓
ネットで下取り価格を調べるサイト比較




にほんブログ村 車ブログ メルセデス・ベンツへ
にほんブログ村
最後まで読んでくれてありがとうございます!(^^)
posted by GLA250ユーザー at 23:31Comment(0)GLC

GLC 350 e 4MATIC スポーツ まとめ


ベンツGLCにハイブリッドモデルが登場しましたね。

「GLC 350 e 4MATIC スポーツ」
価格は863万円

ハイブリッドといっても、エンジンパワーはベンツらしい感じです。

ガソリン部分のエンジンは「GLC 250 4MATIC」に搭載される最高出力211PS(155kW)、最大トルク350Nmの2.0リッター直列4気筒BlueDIRECTエンジン

これに、最高出力116PS(85kW)、最大トルク340Nmの電気モーターを組み合わせてます。

この電気モーターにはブースト機能があるんです。

この2つのシステムで合わせて、320PS(235kW)/560Nmというスゴイ馬力とトルクになってます。

電気モーターは、それ自体トルクの固まりのようなものなので、いかに車体が重くなったとしても、これは加速がすごそうです!

気になる燃費ですが、当然、ガソリンエンジンと高出力電気モーターを状況に応じて使い分けることになります。

市街地から高速道路まで幅広く電気モーターのみで走行が可能で、航続距離は30.1km。

走行中にもプリウスと同じく、回生ブレーキなどによりバッテリーの充電を行います。
充電設備が無い場合でも電気モーターのみで走行できるのが良いですね。



ほとんどのベンツ車には、走行の「モード」がありますが、この「GLC 350 e 4MATIC」には4つのモードがあります。

「HYBRID」~走行環境やバッテリーの残量に合わせてエンジンと電気モーターを併用

「E-MODE」~電気モーターのみで30.1kmの走行ができる

「E-SAVE」~その時点でのバッテリーの充電レベルを維持

「CHARGE」~走行しながらバッテリーを充電


中心となるのは「HYBRID」モードでしょうか。

モード燃費は、13.9km/L。
リチウムイオンバッテリーの充電時間は、フル充電まで「CHARGE」モードで1時間以内。
AC200V電源使用で約4時間。


バッテリースペースはうまくデッドスペースを活用しているようで、ラゲッジルームも余裕のゴルフバック3セット積み込み可能。

ただ、気になるのが、「GLC 350 e 4MATIC」は今のところ左ハンドルのみの設定となってます。
できれば右ハンドルも用意してほしかったところです。

この「GLC 350 e 4MATIC スポーツ」ですが、エコカー減税で、自動車重量税、自動車取得税が100%免税となってます。
さらにクリーンエネルギー自動車等導入促進対策費補助金を最大9万5000円受けることができます。

価格(消費税込)は、「GLC 350 e 4MATIC スポーツ」863万円です。

諸経費は¥98,540円
自動車税 ¥39,500
自動車取得税 ¥215,700
└減税額 - ¥215,700
自動車重量税 ¥37,500
└減税額 - ¥37,500
自賠責保険料 (37ヶ月) ¥40,040
リサイクル料金 ¥19,000

GLCは最初からフル装備なのでオプションがありません。
乗り出し価格もそんなに変わらないのが魅力ですね。

GLCの中古市場は、未使用車を中心に、まだ30台程度しか出ていません。

GLC中古車一覧


見てもらってもわかるように、中古でも600万円以上するので、GLCを狙ってる人なら思い切って新車という選択肢でも良いかもしれません。


まずは今の愛車の査定からはじめましょう!

車査定サイト徹底比較!


ポチっとしてくれたらうれしいです!励みになります。(^^)
  ↓
にほんブログ村 車ブログ メルセデス・ベンツへ
にほんブログ村

にほんブログ村 車ブログ メルセデス・ベンツへ
にほんブログ村
最後まで読んでくれてありがとうございます!(^^)
posted by GLA250ユーザー at 11:25Comment(0)GLC

ベンツ GLC 値引き

IMG_4898.JPG
ベンツglcの試乗会が今週末2月13日・14日に開催されますね。

この試乗会は全国のディーラーが一斉に開催するもので、GLCの他GLEなども試乗が可能なようです。
写真のはがきが送られてきた方にはいつものようにプレゼントがあります。
このプレゼント、毎回楽しみなんです~♪

さてベンツGLCの値引きですが、おそらく20万円は可能でしょう。


根拠は、過去に新しいCクラスのときにこのくらい値引きした実績がありますので、今回も同様だと思います。


GLCの価格ですが、前回示した通りざっくりと650万円程度です。(サポートつけてません)

GLCはナビやレーダーなどは最初から組み込まれていますから、本体価格からそんなに価格が跳ね上がることはないと思います。
ただ、マットやレコーダーなどのアクセサリーを純正で揃えるとあっというまに金額は跳ね上がりますし、支払い価格に比例して自動車取得税も高くなります。
でも、一応減税対象なのはありがたいですね。

諸費用合計 ¥213,730
自動車税 ¥39,500
自動車取得税 ¥156,900
└減税額 - ¥62,800
自動車重量税 ¥30,000
└減税額 - ¥7,500
自賠責保険料 (37ヶ月) ¥40,040
リサイクル料金 ¥17,590

購入方法はディーラーのローンを組むのが、確かに手軽で簡単ですが、今回示されている利率は2.9%!
金利がマイナスになっている現在、これはちょっと高すぎると思うわけです。

今回、メルセデスのローンで毎月20,000円でGLCが手に入る!と示されている「まるごとプラン」は、残価設定のプランです。
残価設定は売ることを前提にしたプランともいえます。
残価設定にはメリットもデメリットもありますので、十分検討されてから利用して下さいね。

残価設定のメリット
月々の支払が少なくなる
契約終了時の買取額が保証されている
3~5年毎に新車に乗り換えられる

残価設定のデメリット
走行距離の制限がある←まちがってました。メルセデス・ベンツの残価は走行距離は関係ありません。
事故や汚れなどの制限がある
カスタマイズができない
所有者はディーラーにある

走行距離がオーバーすると契約終了時の買取額が変わってしまう場合があるので注意です。
ガンガン走る人は残価は使わない方が良いと思います。

所有者はディーラーとなるので購入というよりもリースと言うイメージでしょうか。

売ることを前提に考えれば買取業者のほうが高くなることも。
それに次回も同じメーカーの車に乗りたいとも限りませんし。(次回はアウディに。。。^^;)

買取業者を選ぶなら、ここが良いと思います。
すぐにおおよその金額がわかるので便利です♪
ディーラーと交渉する際は、いまお持ちの車の下取り額をしっかり把握したうえで臨んで下さい。
私はこちらで価格を調べました。
スクリーンショット 2015-05-24 21.22.25.png

にほんブログ村 車ブログ メルセデス・ベンツへ
にほんブログ村
最後まで読んでくれてありがとうございます!(^^)
posted by GLA250ユーザー at 18:14Comment(0)GLC